「もやし」100gのカロリーは?~ダイエットに役立つ栄養クイズ~

問題1 「もやし」の中で、いちばん生産の多い種類は、次のうちどれ?
□大豆もやし
□ブラックマッペもやし
□緑豆もやし
□糸もやし
 
 
「緑豆もやし」です
スーパーの店頭などで、いちばん多く置かれている種類は「緑豆もやし」です。市場の約9割がこの種類になります。「もやし」は、豆や穀類の種子を水に浸して、暗いところで発芽させたものの総称です。したがって、大豆を発芽させたもやしが「大豆もやし」、ブラックマッペという黒緑色の豆を発芽させたものが「ブラックマッペもやし」、緑豆から発芽させたものが「緑豆もやし」です。「糸もやし」は、牧草の一種であるアルファルファのスプラウト(発芽直後の新芽)で、一般的なもやしよりも細いところから「糸もやし」とも呼ばれています。
 
問題2 問題1の答えの「もやし」100gのカロリーは?
□11kcal
□15kcal
□17kcal
□29kcal
 
 
「15kcal」です
もやしが低カロリーであることは広く知られています。値段も手ごろなため、よく購入する人も多いでしょう。問題1の答えである「緑豆もやし」100gのカロリーは約15kcalです。「糸もやし」は約11kcal、「ブラックマッペもやし」は17kcal、「大豆もやし」は29kcalとなります(それぞれ100gあたり)。どれも低カロリーですが、少しカロリーが高めの大豆もやしには、大豆に含まれるさまざまな栄養素が豊富に含まれています。
 
問題3 「大豆もやし」と、「大豆」を比較した場合、「大豆もやし」のほうに多く含まれている栄養素は、次のうちどれ?
□ビタミンC
□食物繊維
□カルシウム
□鉄
 
 
「ビタミンC」です
「大豆もやし」の原料は大豆です。発芽することで、大豆よりも豊富にビタミンCが含まれるよ

リンク元

タイトルとURLをコピーしました