エイジングケアは40代から。30代は美白ケアに注力! 「いまだからこそわかる」年代別ケア~美容家・小林ひろ美さん流「メリハリ美容のコツ」Vol.2~

ダイエット情報
美容ケア迷子は必見! 小林さんが実践して“本当によかった”年代別メリハリケアは? 
ケア方法が多岐にわたるいま、「やることが多くて面倒…」「何を優先したらいいのかわからない」という人は多いはず。そんな美容迷子のために、小林さんが20代から実践したケアを振り返り、年代別にとり入れたいお手入れを抜粋! 
 20代/保湿ケア
「いま振り返ってみると、20代は基本的に肌のベースがある程度整っているので、エイジングケア用の高いコスメは不要でした。スペシャルなケアをするのはもう少し先の話…。ニキビや毛穴が気になる年代なので、どちらかと言えば肌がすっきりするケア用品を選ぶことが多いかと思いますが、やっぱり保湿が重要。この年代はとにかく保湿を徹底していればそれでOKです!」 
30代/美白&全身一枚皮美容
「30代は、20代の若さを持ちつつも40代に向かっていくグラデーションのある年代。シミ・たるみのスタートラインに立っている年齢なので、20代と同じケアでは物足りず、40代のケアだとオーバーになってしまうことも。そんな30代に勧めたいのは美白ケア。次の年代までにメラニンの芽を摘んで肌をクリーンアップしておけば、40代をキレイな素肌で迎えられるかと思います。しかも、美白用化粧水はエイジングケアコスメと比べると、意外とさっぱりとした使い心地のものが多いので、30代の肌にはちょうどいいんです。あとは“全身一枚皮美容”(Vol.1参照)を! オイルを使って全身を流して、今後のために巡りをよくしておくことが大切です」 
40代/エイジングケア
「シミ・たるみが気になりだす年代。40代からはエイジングケアを謳っているアイテムを使い始めるのが◎。また、この年代からは落とすケア(クレンジング)にお金をかけるようにしましょう。エイジングケアアイテムは即効性がありますが、その効果も肌のベースが整っ

リンク元

タイトルとURLをコピーしました