就寝前の足刺激で日中ののぼせがゆるやかになり、夜の眠りの質も上がった!

ダイエット情報

*きよみ先生がS.Sさんを施術したときの様子は、「ほてりは最大の冷え性と心得て! 体の熱を外に出し、スッキリ軽い体になれる足刺激テクニック」から読むことができます。
気になるゾーンへの刺激を続けたら、1週間で強い痛みがおさまった
S.Sさんは、自宅でどのように足刺激を行っていたのですか?
S.Sさん:「毎晩、就寝前にベッドの上で、ラベンダーの香りのオイルを使って足刺激をしました。きよみ先生から押すようにアドバイスいただいたゾーンを刺激するのはもちろん、足裏に痛みを感じるゾーンを見つけたら、そこもよく刺激するようにしました。特に耳や胃のゾーンの痛みが強かったです」
そのときの体調や生活習慣、ストレスの状態などを反映して、足相は数時間ごとに変化すると言われています。足裏を押してみて痛いところがあったら、ゾーンマップで確認してみましょう! その日の調子の悪いところがわかりますよ。
●足裏のゾーンマップ
S.Sさん:「足刺激を始めた当初は、それぞれのゾーンを押すとかなり痛みを感じたのですが、続けていくうちに痛みが和らいできました。足刺激を始めてから1週間後くらいに痛みがおさまったので、効果が出てきたのかな?と思いました」
ゾーンを押したときの痛みが和らいでくるのは、足刺激の効果の兆しです。この兆しが感じられるまで、根気よく刺激を続けてみてくださいね!
急ぐと一気に上昇していたのぼせの熱は、ゆるやかに変化
足刺激の痛みが減ってきたほかに、何か効果を感じたことはありましたか?
S.Sさん:「自分でははっきりとした違いまではわからないのですが、3週間後の足裏の状態は、以前と比べて全体的に血行がよくなったように感じます。あとは就寝後に途中で目が覚める回数が減って、よく眠れるようになりましたね」
S.Sさんは就寝前に足刺激をしているというお話でしたが、足が温まったことで入眠しやすい状態

リンク元

タイトルとURLをコピーしました