思考も変わる! 「デトックス」でストレス&むくみ予防や腸内環境を整えよう!

ダイエット情報
「デトックス」をとり入れるメリット
「デトックス」とは「detoxification(解毒)」からきています。
食事によって栄養が吸収されたあと最後に残る不要物や老廃物、有害ミネラル、呼吸から入る有害化学物質などを体外へ排出することを言います。
私は食べものや環境から発生する毒素だけではなく、日々の生活の中で生まれるイライラやモヤモヤした感情なども体や心のバランスを崩す毒素ではないかと思っています。
毒素が体内にたまると、代謝の低下、血行不良、腸内環境の低下、肌の不調、慢性的な冷え、むくみ、こり、疲れやすい、集中力の低下、イライラ、モヤモヤ、睡眠の質の低下などを招きやすくなるので、日々の生活の中で毒素をため込まない(デトックス)ように意識することで、あらゆる不調を招きにくい体を作り、防ぐことができます。
エステティシャンの私が「デトックス」を意識して行っていること
私がデトックスを意識したきっかけは20代前半のころです。
当時、体の冷え、むくみ、疲労がとれない、生理痛がある、便秘になりやすい、肌が荒れる、睡眠の質が低下しているなど、常にあらゆる不調を感じていました。これではダメだと思い、生活習慣を見直し、少しずつ変えました。
ここからは「デトックス」として、日々とり入れていることをご紹介していきます。
朝コップ1杯の水を飲む、1日1.5Lを飲む
成人した大人の体の約55〜65%(男性女性で異なる)は水分でできていると言われていて、体内に入っては出てをくり返しています。
体内に入る水分が不足すると代謝の低下、血行不良、不要になった老廃物を排出しきれず、むくみや疲労を蓄積しやすくなります。
寝ている間も汗や呼吸などで体内の水分は低下するので、起床後にコップ1杯の水を飲むようにしています。
日中はのどが乾いたと感じる前にこまめに水分補給(1日約1.5L)を行い、こまめにトイレに

リンク元

タイトルとURLをコピーしました