今年の夏も猛暑の可能性大! 最新研究でわかった! 熱中症にならない体を作るには「ヨーグルト」が効果的!?

最新ダイエット情報
年々増加中! 今年の夏も熱中症に注意しよう!
地球温暖化による気温上昇に伴って、熱中症が増えるこの季節。救急搬送される人が年々増えているのはもちろん、人口動態統計(厚生労働省統計情報部)(※1)によれば、熱中症で命を落とす人も増加傾向にあります。とくに、熱ストレスに強い若年層よりも、高齢者になるほどそのリスクは高まります。
※1出典https://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/32/10-11.html
熱中症になるメカニズムは?
熱中症は、高温多湿な環境に長時間いることで体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れて体温調節機能がうまく働かなくなり、体に熱がこもってしまうことで起こります。症状としては、めまいや頭痛、けいれんや吐き気などさまざまですが、重い場合は死に至る危険性があるので、決して軽視できません。
「運動すると筋肉で熱が産生され、その熱が体内を循環することで体温が上昇します。真夏に屋外で運動をしたとき、もし人の体に熱を放散する機能がなければ体温は39度を超えて、熱中症のリスクが非常に高まってしまいます。これを防止するために、わたしたちは主に2つの熱放散の機能を備えています。
ひとつは皮膚血流の上昇です。これによって大気と体温の温度差で熱を放散することができます。そして、もうひとつが発汗です。かいた汗が気化するときに皮膚表面から熱を奪って体温を放散してくれるのです。つまり、皮膚の血流と発汗の働きを高めれば、体温の上昇を抑制して、熱中症のリスクを下げることができると言えます」(増木先生)
では、どうやって皮膚の血流と発汗の働きを高めればいいのでしょう?
「体温を調節する働きをよくするには、血液の量を増やすことがすごく大切です。血液の量を増やすには、血液中のアルブミンというたんぱく質を増やすことが重要なのですが、それが行われる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました