「クイニー・アマン」はどこのお菓子?~ダイエットに役立つ栄養クイズ~

最新ダイエット情報
問題1 「クイニー・アマン」というお菓子は、フランスのどの地方のお菓子だと思う?
□アルザス地方
□ブルゴーニュ地方
□バスク地方
□ブルターニュ地方
「ブルターニュ地方」です
「クイニー・アマン」はフランスのブルターニュ地方のお菓子です。砂糖とバターをたっぷりと織り込んだ生地で、ザクザクっとした食感が特徴です。この名前は、ブルターニュで使われてきたブルトン語で、「クイニー」=「お菓子」、「アマン」=「バター」を指します。最初は、パン屋さんが発祥で、失敗した生地をそのまま伸ばして、織って……をくり返し、バターとなじませて焼いたことから、でき上がったお菓子と言われています。
 
問題2 フランス・アルザス地方で有名なお菓子で、レーズンなどを入れて発酵して作るものは、次のうちどれ?
□ファー・ブルトン
□クグロフ
□パン・デピス
□ガレット
「クグロフ」です
アルザス地方で、とても有名なお菓子のひとつである「クグロフ」。アルザスの「クグロフ」は、発酵生地で作るのが特徴です。かつては酵母にビールが使われ、アルザスでもビール酵母で発酵をしていたとのこと。今ではブリオッシュ生地にレーズンを入れて上にアーモンドを添えていることが多いのですが、最も特徴的なのはクグロフ型と呼ばれる型で焼くことです。特に陶器のクグロフ型で焼くと熱が均一にゆっくりと入るため、ふんわりと風味豊かに仕上がるそうです。
 
問題3 最近は日本でも見かけることの多い、「ルバーブ」は何科の植物?
□キク科
□シソ科
□イネ科
□タデ科
「タデ科」です
フランスのアルザス地方でポピュラーな存在である「ルバーブ」は、初夏から夏にかけて、フランスのアルザス地方でよく目にする植物。最近では日本でも見かけることが多くなってきました。キク科のフキに似ているものの、タデ科の仲間で、日本名では、食用大黄(ショ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました