新型コロナの感染がもたらす女性の性生活への影響が明らかに! 6つの視点から海外研究が分析

ダイエット情報
新型コロナと性生活の関連を調査
日本ではこれまでに新型コロナにかかった人は累計で3000万人以上に上るとの統計が公表されています。一方で、人口約3億3000万人の米国では31%以上がいちどはコロナにかかっていると推定されるそうで、感染した場合の多岐にわたる影響については数多くの研究が行われているといいます。そのなかのひとつが、性生活への影響。たとえば、男性では勃起不全の問題が明らかになっています。一方、女性の性生活に関しては不明点も多く残されているようです。
今回、米国の研究グループはさまざまな年齢の女性を対象にオンライン調査を実施しました。調査では、性生活を定量的に調べるため「スコア化」しています。たとえば「この4週間の間に何回くらい性的な欲求を感じましたか?」といった質問に答えてもらって、性的な興奮や潤滑度、満足度など6つの項目に分けて性生活を評価。そのうえで、新型コロナの感染歴がある女性とない女性、そして感染歴に加えて後遺症もある女性の間でスコアを比較し、性生活への影響を分析しました。アンケートで、過去1か月間に性生活があった女性およそ1300人のうち、感染歴がある人は半数、その25%(170人)は後遺症がありました。
後遺症があるとリスクアップ
こうして研究で確認されたのが、新型コロナの感染歴がある女性、なかでも後遺症がある女性は性的なトラブルを抱えるリスクが高くなるということです。
具体的には、感染歴がある女性は感染歴がない女性に比べて性的な欲求、興奮、潤滑度、満足度の4項目の合計スコアが低下。感染症の影響により、心身両面で性的機能を損なっている可能性が確認されましたが、オーガズムと痛みの2項目では違いは見られませんでした。
さらに後遺症がある女性では、感染歴のみの女性と比べて性的興奮やオーガズムなどの項目と、合計スコアが一層低くなっていました。
このような影

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました