オートクチュールさながらの繊細な美しさで魅了。「赤」と「茶」の魅力を新開拓するルナソル 秋コレクション

華やぎに満ちたオートクチュールの裏側を支える、裁縫職人たちの繊細な手仕事にインスパイアされた、ルナソル秋コレクション第二弾“Couturière”。主役となるのは、シルク、レザー、ベルベット、ビーズ…さまざまな質感が立体感をもたらす「赤」と、青とのコンビネーションで鮮やかさ、透明感、知性を増す「茶色」。まるでオートクチュールを紡ぐように、緻密に計算された色と質感のコントラストが、定番カラーの新しい
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました