元気とキレイを作る!今注目の食物繊維「β-グルカン」の健康パワーに迫ります!

ダイエット情報
そもそも食物繊維とは?現代人が食物繊維不足のワケ
腸活にマストと言われる食物繊維ですが、じつは日本人の食物繊維の摂取量は、年々減り続けているそう。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020 年版)」では、18歳以上64歳以下の1日の食物繊維摂取目標量を、男性21g以上、女性18g以上としていますが、なかなか達成できていないのが現状です。
「大きな要因として、糖質オフダイエットの流行で、主食を食べる量が減少している点が挙げられます。さらに、玄米や雑穀ではなく精白された白米を食べるなど食物繊維をとる機会がどんどん減っているのです。それに加え、忙しい現代人は簡単な食事で済ませてしまう方も多く、副菜や汁物を食べる機会が減ることで、野菜や果物、豆類、きのこ類、海藻類の摂取量が減っているのも問題です。つまり、意識してとらないと不足してしまうのが、食物繊維なのです」(柴田真希さん)。
食物繊維には水溶性と不溶性があり、それぞれに働きが異なります。
「不溶性食物繊維は、水に溶けずに腸内で水分を吸収してふくらみ、便のかさを増して腸を刺激し便通を促します。一方の水溶性食物繊維は、水に溶けてぬるぬるネバネバとした粘性を持ち、胃腸内をゆっくり移動するので、糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。善玉菌のえさとなり、腸内環境を整える働きも。この2種類の食物繊維を、バランスよくとるのが理想です」
食物繊維の中でも、水溶性食物繊維「β-グルカン」に注目!その驚きの健康効果とは
今回紹介するβ-グルカン、じつは水溶性食物繊維の仲間で、オーツ麦、大麦、海藻やきのこ類、パンの酵母などに多く含まれています。
その圧倒的な健康&ダイエットパワーは、近年さまざまな研究によって実証されているそう。
「まず、血糖値の急激な上昇を抑えて、血中コレステロール値を抑制する働きがあるので、メタボ予防に役立ちます。さらに、腸内の

リンク元

タイトルとURLをコピーしました