難病「クローン病」のリスクが高まる原因は? 海外研究から浮かび上がった肥満との関係

最新ダイエット情報
太ると炎症を助長する物質が増える?
これまでの研究から肥満と体の炎症反応との関係が問題として見なされるようになっています。太ってしまうことで脂肪細胞が肥大化し、体内の炎症を助長する物質がつくられるようになったり、腸内の炎症を示す物質が増えたりすることなどがわかっています。炎症反応とは腫れや赤み、痛みなどを引き起こす体の反応のことで、さまざまな病気と関連していることが明らかになっています。
しかし一方で腸の炎症にはとても多くの要素が関係するため、過去の研究では肥満とクローン病や潰瘍性大腸炎との関連性については謎も残されています。
今回、英国、米国、欧州の国際的な研究グループは、肥満やライフスタイルに関して詳細でたしかなデータがある5つの追跡調査をまとめて分析し、肥満とクローン病および潰瘍性大腸炎との関係を調べてみました。肥満はBMIとウエストとヒップの比で割り出し、カロリーや食物繊維の摂取量、運動量、喫煙などの要素についてもアンケートのデータから算出しました。
合計で9か国60万人以上(18〜98歳、女性71%)が平均16年追跡され、クローン病が563件、潰瘍性腸疾患が1047件発生していました。
成人初期の肥満が特に危険
ここから判明したのは、太っていると(BMI 30以上)、ふつうのBMI(18.5〜25未満)の人に比べて、クローン病になるリスクが34%高くなることです。BMIの数値が5増えるごとに、クローン病になるリスクは16%ずつ増加し、特に成人初期の人(18〜20歳)では、BMIが5増えるごとに22%ずつ増加しました。
一方で同じ炎症性腸疾患の潰瘍性大腸炎については、肥満(BMI)との関連性は見られませんでした。これは、カロリーや食物繊維の摂取量、運動量、喫煙などの要素を含めて分析した結果です。
研究グループによると、アンケートの回数が少なかったり参加者が白人だ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました