畑野ひろ子さんが自身と家族の健康ために食事で気をつけていることとは?【「カラダ、ココロ、整う」プロジェクト】

最新ダイエット情報
栄養バランスは、1日のなか、あるいは数日単位で考える
—-畑野さんご自身やご家族の日々の食事についてお伺いします。日ごろ、気をつけていることはどんなことでしょうか。



畑野さん


「一食一食を完璧に」と考えてしまうと大変なので、1日のなか、あるいは数日を通して、バランスが取れればいいと思っています。糖質、たんぱく質、野菜、海藻類などをとれるようにメニューを考えて、たんぱく質も今日は魚だったから明日はお肉にしようとか。体にいいといわれるものでも、同じ食品ばかりとることがないようにもしています。簡単な考え方なんですが、いまでは習慣になっています。





河村先生


完璧を目指さない、というのはすごくいいことだと思います。人の体ってそんなに厳密ではないので、食事の量や栄養のバランスは、3〜7日程度で調整すれば良いんです。日々ストイックになり過ぎず、今日は食べすぎたから、明日は少なめにしよう!というようにゆるくていいので積み重ねていくことが大事です。


—-いまでは、バランスのよい食事をとることが習慣になっているとのことですが、習慣になるまでにご苦労はありましたか?



畑野さん


主人(元プロサッカー選手で現在は腸内フローラの研究をしている鈴木啓太さん)と出会って「バランスのとれた食事が体の基礎をつくる」という話をされ、「それはそうだよな」と思ったものの、実は「何を出せばいいの?」「たんぱく質に種類があるの?」という次元でした。特に、私が20代のころは、モデルは太ってはいけないということがまず先にあった時代。大変でしたが、主人に聞いたり、いろいろな本を読んだりして、食生活に「バランス」を定着させていきました。
 
子どもたちの体

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました