ひざ周りをキュッと引き締めて、しなやかな脚を手に入れる! エクササイズ&ストレッチ

最新ダイエット情報
引き締まった美しいひざ周りを作る「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」
皆さんの脚は、どんな脚でしょうか? 脚を出したときに、たるたるとしたお肉がひざ上にあり、脚を出したくないなと思ったり、見せられない、なんて思った経験がある人もいらっしゃるかもしれません。
今回は、ラグリーフィットネスのエクササイズを通じて、鍛えながらも、しなやかな脚を手に入れる方法をご紹介していきます。
そもそも、なぜひざ上にお肉がのってしまうのでしょうか。それは、ひざ周辺の肉、太ももの前側の筋肉の衰えが原因です。
筋肉の上についている脂肪がゆるみ、支える筋肉がなくなってしまうと、たるみとなって現れてきます。たるませないためには、「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」を鍛えていくことが必要です。
大腿四頭筋は、「大腿直筋(だいたいちょくきん)」「外側広筋(がいそくこうきん)」「内側広筋(ないそくこうきん)」「中間広筋(ちゅうかんこうきん)」という4つの筋肉で構成されており、脚のつけ根からひざのお皿を通して脛骨(すねの骨)までついています。ひざの関節を支える役割を持っているため、大腿四頭筋が弱くなると「ひざの痛み」の原因にもなる可能性も出てきます。
また大腿四頭筋は、体の筋肉の中でも最も大きな割合を占める、筋肉群です。そもそも筋肉は、日常動作のサポートに加えて体温を作る働きがあるため、常にエネルギーを消費しています。よって、大腿四頭筋が鍛えられると、基礎代謝もアップし、血流がよくなったり、むくみを解消したりすることにもつながります。
しなやかな脚をつくる「腸腰筋(ちょうようきん)」
また、しなやかで引き締まった脚を作るために必要なことは、もうひとつあります。
それは『ゆるめる』こと。
特に、股関節をゆるませて、正しく使えるようにすることが必要です。
ふだんからずるずるペタペタ歩いたり、階段をのぼるときに前

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました