たしかに肉肉しい!(笑)肉のようなジューシーさと満足感がしっかり味わえる「肉肉しいがんも」 #Omezaトーク

最新ダイエット情報

お豆腐や油揚げが置いてある、お店の一角で見つけた、この商品。「焼いておいしい肉肉しいがんも」だそうです。メーカーの相模屋さんは「BEYOND TOFU」など、買い手の予想をななめ上行くような商品も数多く開発している“おとうふ屋さん”なので、割と期待して手にとりました。
作り方は簡単で、温めたフライパンに油(大さじ1/2)を熱し、「肉肉しいがんも」を入れてふたをします。中火で片面3~4分ずつ、両面焼いて、いい色になったらでき上がり。
フライパンの汚れ具合がお見苦しいと思いますが、どうぞお許しを。
かなりこんもりしたドーム型なので、これがハンバーグのようになるのかなと思っていたのですが…
やはり、なりませんでした(笑)。
お、断面はちょっとひき肉っぽいですよね。
食べてみると、まさかのジューシーさでした! がんもどきは、かんだときに煮汁を飲み込んでしまうため、口の中で味の薄くなったがんもどきが残りがちです。もちろん、そこも含めて私はがんもどきが好きなのですが、家族では好みが分かれます。
こちらの「肉肉しいがんも」の場合は、口に入れてから飲み込むまで、ジューシーさが保たれ、味が均一です。その点が、一般的ながんもどきとはずいぶん違うなと感じました。
和風のオニオンスープのような味がしっかりついているので、大根おろしともよく合い、しその香りがさわやかに引き立ちます。
家族に感想を聞いてみたところ「たしかに肉とは違うけど、新しいがんもどきって感じがする。ふだん食べてるがんもどきより、自分はこっちのほうが好き」とのこと。
栄養成分表示を見るとわかるのですが、この「肉肉しいがんも」、決して低カロリーではありません。高たんぱく質ではありますが、脂質もけっこう高く、だからこそ実現したジューシーさなのだとも思います。でも、“肉の代わりにしかたなく”では片付けられない満足感は、かなりオス

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました