いんげんとスナップエンドウ、旬のおいしさを逃さない茹で方は?

最新ダイエット情報
いんげんの栄養素とおいしい茹で方
新鮮ないんげんは、さやにハリがあり、手でしならせると「ポキッ」と折れます。折ったときに香る特有の青っぽい香りは、好きな人にはたまらないはず。キュッキュッとした歯ごたえもおいしさのひとつです。
いんげんはビタミンA、Cをはじめとするビタミン類、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類を豊富に含みます。
いんげんに含まれるおもな栄養素(100kcalあたり)
ビタミンA(レチノール活性当量) 213μg
ビタミンB1 0.26mg
ビタミンB2 0.47mg
ビタミンK 260mg
葉酸 217μg
カルシウム 208mg
マグネシウム 99.98mg
食物繊維 10.43g
歯ごたえを活かし栄養を逃がさないためには、短時間でサッと茹でるのがコツ。旬のものは、ショウガ醤油をかけるなど、シンプルな食べ方がおすすめです。旬の終わりの、豆が少々硬くなったものは、少し長めに茹でましょう。
いんげんのおいしい茹で方

いんげんは手で半分に折っておく。硬い場合は包丁で斜めに切る
(料理の内容によっては、丸ごと茹でてから食べやすいサイズに切っても良い)。
沸騰した湯にいんげんを入れ、強火で1~2分茹でる。
ザルに上げ、うちわなどであおいで冷ます。
塩を[3]にふっておくと、豆らしい甘みが引き立つ。
※塩ゆでは豆が硬くなるため、柔らかい仕上がりにしたい場合は、後から塩をふるのがおすすめです。
スナップエンドウの栄養素とおいしい茹で方
旬のスナップエンドウは、肉厚で歯ごたえが良く、ほんのり甘いのが特徴。おやつにも最適ということから、別名「スナックエンドウ」とも呼ばれています。
β-カロテンやビタミンCが豊富で、ビタミンB1やビタミンE、食物繊維なども多く含まれています。
スナップエンドウに含まれる主な栄養素(100kcalあたり)
ビタミンA(レチノー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました