木漏れ日を受け止めた、あの子は幸せそうだった|青葉が揺れる初夏メイクvol.1

淡く儚く、戯れるのは、光、蝶々、朝露、風。確かな生命力が内からわき上がる。そんな5月の葉っぱが見た、美しい世界をメイクに。
木漏れ日を受け止めた
あの子は幸せそうだった。
あの子の世界はフラットな明るさに包まれていた。
これからもそれなりに続くだろう――――
そう思っていた矢先に、「光」は突然さし込んだ。
輝きも彩りも、どんどん増していく。
「こんな幸せ、私の人生にあっていいのかな?」
彼女はそ
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

タイトルとURLをコピーしました