鏡の中の「好みじゃない」顔。私なりの可愛さに微笑んで

鏡よ鏡、私はどうしてこの顔に産まれてきたのですか。自分の顔をじいっと見つめる。眩しそうな小さな目に、ぷっくりとした唇。涼しげな薄い顔立ち。
型にはめ込むようなマイノリティ分類、露出の多い制服がただ嫌だった
◎          ◎
「ああ、好みじゃないなぁ」鏡を見ながら一瞬、そう思った。こんなこと、思っちゃいけない。胸がきゅっと苦しくなった。洗顔を済ませ、肌を整えたら、淡いローズ色の下地を手に
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

タイトルとURLをコピーしました