いくつ知ってる? 認証マークから学ぶ食の多様性。地球の環境問題にもつながる大切な印

ダイエット情報
クオリティだけじゃない。商品を選ぶ際の基準になる認証マーク 
認証マークとは商品やサービスの品質、性能、安全性等を証明し、ほかの商品サービスと差別化するために使用されます。(参考:ウィキペディア 認証マーク)
国内においても、JISマーク、有機JISマークや特定保健用食品(トクホ)マークなどがあります。さらに、日本でも「〇〇〇フリー」と表示されている食品パッケージを見かけるようになりました。一方、欧米の食品パッケージデザインにおいては、食の多様性に合わせて食品パッケージデザインに認証マークが表示されているのが普通となっています。私たち消費者の立場からすると、認証マークがついていることで商品の選び方が変わってくるはずです。ここでは、分野ごとに欧米で主として使用されている代表的な認証マークをご紹介します。 
■グルテンフリー認証
・GFCOマーク(The Gluten-Free Certification Organization)
アメリカの非営利団体のグルテンフリー認証機構GFCO(Gluten-Free Certification Organization)が定める認証マーク。消費者に食品の安全性を保証することを目的として、グルテンフリー商品の製造業者に対して製造過程全体を通じた品質評価と管理対策を用いて認証サービスを提供しています。 
・クロスドグレイントレードマーク(The Crossed Grain Trademark)
ヨーロッパのセリアック病協会が定めるグルテンフリー認証マーク。製造業者、流通業者、小売業者に対し、グルテンフリー製品や販促物に使用するためのシンボルマークをライセンス供与しています。グルテンフリーの食事療法を必要とする人々に国内外で認知されています。 
■オーガニック認証
・USDA(ユーエスディーエー)マーク
アメリカ農務省が定めるオーガニ

リンク元

タイトルとURLをコピーしました