【初夏の養生】重だるさを予防しよう!憂鬱な梅雨時期が快適になる「アーユルヴェーダ的セルフケア」

AdobeStock梅雨の時期は、アーユルヴェーダでは、湿気が多く、(カパ(土と水のエネルギー)というドーシャ(病素)が乱れやすくなります。カパが乱れると、)体重が増えやすく、気分が鬱っぽくなり、心身が重く感じられ、動きが鈍くなります。どのようにケアしたらよいのかを解説しています。アーユルヴェーダとは?
アーユルヴェーダはインド5000年の予防医学といわれ、WHO(世界保健機関)においても認められ
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました