サプリメントよりビタミンC効果が絶大!? 海外研究で判明、キウイを食べると数日で起こる変化とは?

ダイエット情報
1日250mgのビタミンCで比較
ビタミンCは私たちの健康に不可欠な栄養素。これまでの研究から、ビタミンCの不足は風邪の引きやすさにつながるといった体への影響ばかりではなく、うつ症状や認知機能の低下に関連することも明らかになってきているほか、ビタミンCを豊富に含む果物やサプリメントをとることで、気分や活力が上がることも示されています。
今回、キウイの一大産地であるニュージーランドの研究グループが、ビタミンCが豊富なキウイの効果が現れるまでにどれくらいかかるのかについて、その経過を調べてみました。研究グループは以前の研究結果で、キウイを食べるとメンタルヘルスによい効果があることを明らかにしており、今回はこのときのデータをさらに深掘りする研究となっています。
以前の研究では、18歳から35歳までの健康ではあるもののビタミンCが不足ぎみの155人を対象にしていました。今回は、これらの参加者を3つのグループに分け、それぞれ250mgのビタミンCを含むキウイ2個、同じ量のビタミンCを含むサプリメント、無害な偽薬のいずれかを4週間にわたって毎日とってもらいました。そして気分や活力、睡眠、運動などに関するアンケートを1日おきに実施し、その回答の変化を比べました。
ビタミンCのサプリにない効果を確認
こうして今回の研究で確認されたのが、キウイを食べるとわずか4〜16日の間に食べた人の気分を向上させ、活力を高めるということです。
具体的には、食べ始めてから4日以内に気分がよくなって活力が高まり、14〜16日後に効果が最大になりました。ビタミンCのサプリメントでも、12日目までは気分の改善が見られましたが、キウイほどではありませんでした。
さらに、キウイを食べたグループでは、2週間後くらいから心理的・社会的により一層ポジティブになるという効果が現れました。これに対し、ビタミンCのサプリメン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました