今年は飛散量が多い!? 本格的な花粉症シーズンを前にセルフケアアイテムをチェック! #Omezaトーク

ダイエット情報
日本気象協会の発表(1月19日現在)によると、九州から東北にかけて前シーズンより飛散量は多く、特に四国、近畿、東海、関東甲信では非常に多く飛ぶ見込み。私が住む関東甲信越の飛散量は例年の2倍(例年比200%)で、「非常に多い」そう。
春の明るい雰囲気は好きだけど、私自身、花粉症との付き合いはかなり長く、この時期は心身ともにつらい状況…。自分でもここ最近、くしゃみが目立ってきたなと実感していますが、少しでも症状を軽くして、春の華やぎを心から楽しみたいものです。
そこで今回は例年よりも少し早めに対策を始めることにしました。
まずはなんといっても症状の悪化を防ぐために、市販薬の活用も一案。
市販薬にはさまざまなタイプがありますが、私は大正製薬のアレルギー専用鼻炎薬「クラリチンEX」(第2類医薬品)の服用を始めました。こちらは鼻のむずむずなど症状を感じたら、早めに服用を始めるのがポイントなのだそう。
私にとっては、1日1回1錠の服用で済み、眠くなりにくいのがうれしいところ。服用回数が少ない分、手間がかからず、のみ忘れが減りそうですし、眠くなりにくいので仕事中も安心です。
次にご紹介するのが、雪印メグミルクの「乳酸菌ヘルべヨーグルト」(ドリンクタイプ)。目や鼻の不快感を緩和する機能性表示食品で、先日、ドラッグストアで見つけて購入しました。
HPを見ると、「乳酸菌ヘルベ」を含む発酵乳を12週間継続して摂取した結果、ハウスダストやダニによる目や鼻の不快感が、プラセボ食の摂取と比較して有意に改善したそう。私はハウスダストなど花粉以外のアレルギーもあるので、花粉症との症状の重複を軽くする意味ではよさそう。花粉症がピークになる3~4月には役立つかもしれないという期待を込めて、これを機に習慣化したいと思っています。ちなみに、お味はスッキリしていて飲みやすいです。
そして3つ目が顔や全身に使える

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました