私たちの体に大切な働きをする「パントテン酸」ってどんな栄養素?~ダイエットに役立つ栄養クイズ~

問題1 「パントテン酸」は、次のうちどの仲間になると思う?
□アミノ酸
□脂肪酸
□ビタミンB群
□食物繊維
 
 
 
「ビタミンB群」です
「パントテン酸」は、ビタミンの仲間でビタミンB群の一種です。コエンザイムAという補酵素の構成成分として、多くの代謝過程において中心的なサポート役として働いています。役割としては、エネルギー産生を円滑にしたり、代謝やホルモン合成を正常に保ったりする働きに関与しています。
 
 
問題2 「パントテン酸」の別名は、次のうちどれ?
□コリン
□ビタミンB5
□グルコサミン
□フィチン酸
 
 
 
ビタミンB5です
「パントテン酸」は「ビタミンB5」とも呼ばれています。問題1でも説明した通り「パントテン酸」はビタミンB群の一種で、水溶性ビタミンの仲間です。食品成分表などには、「パントテン酸」という名称で記載されていますが、「ビタミンB5」という名前で販売されているサプリメントなども見かけます。
 
問題3 「パントテン酸」の語源は、次のうちどれ?
□さまざまな栄養をもつ
□必要不可欠である
□代謝の潤滑油である
□いたるところに存在する
 
 
 
「いたるところに存在する」です
「パントテン酸」の語源は、ギリシャ語の「いたるところに存在する」という言葉にあります。これは、「パントテン酸」が動物性のものから植物性のものにいたるまで、いろいろな食品に幅広く含まれていることを意味します。腸内細菌によっても合成されるので、普通の食生活で欠乏することは、ほとんどないと言われています。また過剰症の心配もない栄養素です。
 
問題4 次のうち、「パントテン酸」がいちばん多く含まれている食材はどれ?(100gあたり)
□納豆

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました