歳を重ねるごとに近づくメイクとの距離感。変化を楽しんで、私は今日もメイクをする

私と「メイク」との距離はほど遠かった。例えるなら、地球と宇宙ぐらい。「メイク」を意識し始めるのが多い高校生。そんなJK時代、私はまったく興味がなかった。
着物を楽しむ若者への「かわいそうに」。自分らしく着て、何が悪い
高校時代は校則違反だった化粧が、大学生になると必須になった
というのも、高校生時代は「化粧は校則違反」だったし、先生に毎日叱られながらメイクに力をいれて、化粧の濃い同級生を「バカ
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました