25%は無自覚…悪性不整脈「心房細動」の早期発見へ! 新設が続く「スマートウォッチ外来」とは?

ダイエット情報
不整脈が起こったときすぐに心電図を記録
2020年、Apple Watchに搭載されたAppleの心電図計測アプリが厚生労働省から家庭用医療機器の認可を受けました。心電図計測や不整脈の検出が可能になり、現在では複数のメーカーからも同様の機能のスマートウォッチが登場。それに伴い「スマートウォッチ外来」を開設する医療機関が増えています。
総合東京病院では、スマートウォッチの“不整脈が出ています”“心房細動の疑いあり”といったメッセージに従い患者さんの受診が増えたことから、2023年夏にスマートウォッチ外来を設置。最近では、かかりつけのクリニックから紹介されて訪れる人も少なくないといいます。
「心臓にかかわる循環器系の病気のなかでも、スマートウォッチは特に不整脈を発見するのに大きなメリットがあります。不整脈は心電図によって“現行犯”で発見する必要があるため、“動悸があるのに病院の検査では異常なし”になってしまう患者さんの診断がずっと早くなるケースが増えています」と滝村先生。
 
(例)Apple Watch
これまでも病院で計測器を装着して心電図を記録することはありましたが、年に数回しか起こらない動悸や不整脈を検出することはなかなか難しい状況。それに対し、スマートウォッチの場合は長時間装着するアイテムのため、ときどきしか出現しない動悸や不整脈に気づくチャンスが多くなります。
「心拍の異常を認めた際にすぐに心電図をとることが可能なので、スマートウォッチ外来では、スマホのアプリと連携させ、波形のまま残っている心電図を実際に見せていただいて診断します。なかでもApple Watchの場合、特に悪性の心房細動は検出率が非常に高く、信頼に値すると感じています」
不整脈のなかでも怖いのは「心房細動」
拍動(脈)の異常によって起こる不整脈。症状として心臓がドキドキする動悸が現れ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました