普通の主婦が39歳でエグゼクティブに支持されるトレーナーになるまで【Google本社エグゼクティブトレーナー・Sayaさんの連載スタート!】

ダイエット情報
思いたったときが変われるチャンス!フィットネスを仕事にしたいという強い想いが人生を後押し
長男を抱っこしているSayaさん。この頃はまさか自分がフィットネスの仕事に就くとは思っていなかったそう。
お父様の仕事の都合で3~12歳までアメリカで過ごしたSayaさん。その後、日本の大学を卒業後1年で再び渡米。アメリカの企業に就職してそこで出会った男性と結婚し、妊娠を機に27歳で退職。子育てに専念するために専業主婦の道を選んだと言います。それまで運動とは無縁の生活を送ってきたSayaさんとフィットネスの出会いは、2人目のお子さんを出産後。
「長女を出産した31歳の頃、いつもだるいし、やる気が起きないし、いわゆる産後うつのような症状が起きて、つらい時期を過ごしていました。そんなとき、家の近所にフィットネスジムができたので思い切って入会してみたんです。それまでの私は運動が好きなわけでもないので、積極的にフィットネスをした経験はありません。だから、初めは通うのがおっくうで(笑)。でも、少しずつ体を動かすうちに、気持ちが前向きになっている自分に気づきました。はじめて、楽しく体を動かすこと=フィットネスの楽しさに気づいたんです」
体を動かすだけで気持ちが前向きになり、ボディラインが変わっていくことに喜びを感じ始めたSayaさん。ちょうどその頃、通っていたジムで「ピラティスインストラクター養成コース」のお知らせを目にします。
「自分の変化に驚いていた私の中に、『いつかフィットネスを仕事にしたい』という気持ちが芽生えてきました。実は私の母は私が大学生のときに55歳で、実兄は19歳で亡くなっています。そんなツラい経験を通して、健康でいることの大切さが骨身に染みていたのです。だから私には、息子と娘のこの先の人生をできる限り長くそばで見守ってあげたいという強い想いがありました。それには健康な体が不可欠

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました