巡りのいい体ってこんなにラク! 肩こりがとれて全身が軽くなり自然と姿勢が整った3週間の足刺激生活

ダイエット情報

*きよみ先生がらんさんを施術したときの様子は、「血流の悪さが肩こりや便秘の原因に! 巡りを促す足刺激テクニック」から読むことができます。
寝る前の足刺激で、体が温まりゆっくり眠れた
前回、きよみ先生の足相診断を受けて以来、すぐに自分で足刺激をするようになったというらんさん。自宅ではどのように足刺激を行っていたのですか?
らんさん:毎晩、22時ころから15分くらいかけて、ベッドやソファーの上でカッサを使いながら行っています。オイルを使うと、肌がやわらかくなってマッサージ効果が上がり、足全体の冷えが軽減するように感じます。寝る前に足も体も温まるので、ゆっくりと睡眠がとれるようになりました」
足刺激をして、特に痛かった部分はありますか?
らんさん:「足裏の真ん中にある土踏まずの部分が特に痛かったです。また、最初は足裏の肌がかたかったのですが、刺激するうちにやわらかくなってきました」
らんさんは前回の足相診断のときに、土踏まずにある消化器のゾーンが冷えていることを指摘されていたので、刺激すると痛みを感じたようですね。
足裏のゾーンを押してみて痛いところがあったら、働きが弱っているサインです。痛みがやわらぐまで根気よく刺激すると調子が整いますよ。
●足裏のゾーンマップ
肩がこらないとこんなにラク! 巡りのよさを実感
いちばんのお悩みだった肩こりについて変化はありましたか?
らんさん:「以前は毎日のように感じていた肩こりですが、今は週に1~2回に減って、ツラい日はほとんどなくなりました! こりがとれたせいなのか、肩の可動域が広がって肩が上げやすくなったと思います」
肩こりがひどいと肩全体が固まったようになり、動かしにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。らんさんは、足刺激によって血流がよくなった結果、肩こりもラクになったのかもしれませんね!
らんさん:「そうだと思います。足の

リンク元

タイトルとURLをコピーしました