すりおろしたフルーツをそのまま食べている感覚! パウチで手軽に栄養補給できる”タイパ食”を発見 #Omezaトーク

ダイエット情報
みなさんはフルーツを日常的に食べていますか? 私は、フルーツはたいていどんな種類も大好きなのですが、毎日なにかしらとっているか、と言われるととっていません。常食するフルーツはバナナ、キウイなどが多く、あとはりんご、柑橘系、ベリー系といった順で、さらには季節ごとのフルーツを楽しむ、そんな感じです。最近では、ふるさと納税で土佐の文旦が届き、酸味のあるさわやかな味わいを堪能したり、お庭でとれたという名前のわからない柑橘をいただいたりして、おいしく食べていました(最近はサラダにフルーツを入れるのが好きです)。が、それでもなかなか毎日、新鮮なフルーツを口にするのは難しいものです。
2024年4月1日より厚生労働省が展開する「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)(第3次)において、1日あたりの果物の摂取量の目安が200gに定められたのだそうです。果物200gというとどのくらいだろう?と思いますよね。例をあげると、みかんやキウイなら2個、りんご、なし、グレープフルーツ、柿、桃なら1個、バナナは2本とかになるそうです(*毎日くだもの200グラム運動指針8訂版より)。
摂取量としてはフルーツが家にあれば食べられない量ではないですが、毎日買えるか(予算的に)、買い置きがあるか、ものによってはむいて食べる時間があるか…など、そちらのハードルが高かったりします。でも、フルーツを日常的にとれる生活って、野菜と一緒で、体がすごく喜ぶ感じがあるので、できればとり入れたい、でもできない…というジレンマ。
そこで、です。今回ご紹介するのがデルモンテの「ピュレフルーツ」シリーズです。2種類あって、「そのまま食べるすりおろしりんご」と「そのまま食べるすりおろしパインミックス」です。果実100%(生果実換算比)で1袋で1日の不足分の果実をとることができるのだそう(*1)。これはうれしい! スタンドパ

リンク元

タイトルとURLをコピーしました