ピンポイントでの背中ほぐしに最適! 改めてテニスボールってメンテナンスにぴったり! #Omezaトーク

毎週のパーソナルのピラティスレッスンで、先生からよく出てくるキーワードに「背中」があります。私は体が全体的にとってもかたいのですが、その柔軟性のなさに加えて、背中がいつもカチコチでこっています。背中がまるで一枚の板のようになっているように感じます。「背骨を一本ずつ意識しながら丸めていく」というような動作もピラティスのときによく行うのですが、背中がかたいので、本来行いたい動きが思うようにできないことも多く、そうなると先生が「まず、背中をほぐしましょうか」と言ってくれ、そのときによく行うのが、テニスボールほぐし、なのです。
背中をほぐそうと思ったときに使うもの、家にもいろいろあります。定番のストレッチポールは2本あるし(1本はよくあるメジャーなストレッチポールで、もう1本は、かたさのないソフトタッチのもの)、フォームローラー的なものもあります。なので、先生に「テニスボールあると便利だよ」と言われても、テニスが趣味でもともと家にあるのなら使うけど、わざわざ買ってまではな~とこれまで手にしていませんでした。
今回なぜテニスボールを買ったかというと、いつものようにまた背中の動きが悪いと感じた先生が「背中をほぐしましょう」と言ってほぐした後、ある動きを行ったのですが、これまで私はその動きがじょうずにできなくてザセツしてしまっていたのに、その日は初めてやり遂げることができたのです。背中の丸まり方というか動きがとてもスムーズになったためでした。そのとき「テニスボールでのピンポイントなほぐしがこんなに効果的だなんて」と驚きました。
どんなほぐしかというと、壁前に立ち、ボールをひとつ背中の右側の肩甲骨上部あたりにあてて、壁を使いながら、ボールで背中に圧をかけます。あてた状態で、側屈と胸の上げ下げをしながら、ほぐします。10回ずつくり返したら、次は肩甲骨の下部に移動して同様に行い、またボール1個

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました