【濃い顔さん×ダスティピンク】可愛さより、あえての大人仕上げ。塗り方にこだわって色気を演出!

教えてくれたのは…ヘア&メイクアップアーティストpaku☆chanさん締め色で華やかさアップパーツを際立たせる強めの色を選びつつ、くすみカラーにすることで洗練度を高めて。美容のプロページはこちら甘さを控えめにすることで品格を保つ 【ダスティピンク】「濃い顔さんは可愛くしすぎないほうが上品に仕上がるので、ピンクもくすみ系を選んで。指で軽くぼかすようにして発色を調整し、目元は下まぶたに赤みを入れてちょ
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました