美髪をキープしたいけど違いはある? 注目のヘアオイルを比較

ダイエット情報
ヘアオイルの特徴や使い方は?
・乾燥によるパサつきやダメージに不足しがちなうるおいを補う
・主成分が油分でできているため髪の水分を蒸発させにくく、うるおいを維持する
・うるおいを補い指通りをよくする
・サラッとした仕上がりになる
・パサつきによって広がりやすい毛先にまとまりを出す
・髪表面のツヤを出す
ことが主な特徴です。
使い方は朝、夜どちらにも使えます。
朝のスタイリング時に使用すると、日中の乾燥から守る、毛先にうるおいを補う、まとまりを出すことができます。
夜のドライヤー前もしくはあとに使用すると、乾燥やダメージ部分にうるおいを補い補修する、指通りがよくサラッとした仕上がりにすることができます。
ただしアイテムによって、オイルのテクスチャー(サラッとやしっとり度合い)によって朝向け、夜向けなどがあります。
ヘアオイル3種を比較
今回比較するヘアオイルは写真左「アミノメイソン スリーク アミノセラム ヘアオイル」、写真中央「ハニーク ディープリペア カスタムヘアオイル スリーク(スムース)」、写真右「エイトザタラソ バランシングセラム&スムースリペア」です。
特徴
「アミノメイソン」はスーパーアミノ酸とうねり抑制ケラチンが配合されていて、乾燥ダメージの補修、夜の寝グセやうねり予防におすすめです。
「ハニーク」はハニープロテインが配合されていて、髪の水分と油分のバランスの整え、ゴワつき、パサつきケア、サラッとまとまる髪に整えます。
「エイトザタラソ」は幹細胞エキス(保湿)や海洋美髪成分などが配合されていて、パサつく髪にうるおいを与え、ツヤを高めます。
テクスチャー、香り、使用感について
3種類ともサラッとしたオイルテクスチャーでベタつきにくいのでオイル初心者にもおすすめです。
乾いた髪、ぬれた髪にも使えるので朝のスタイリング時、夜のドライヤー前後のケアに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました