“在宅ワークあるある”はこれで解決! 専門家が教える、「オン・オフの切り替え」と「コミュニケーション術」

最新ダイエット情報
仕事モードになるには「化粧」と「服装」がカギ
在宅ワークでは自分でモチベーションをコントロールすることが大切ですが、テレビやゲーム、漫画や昼寝などの誘惑に負けて現実逃避したり、仕事に集中できなかったり…。
そんなときは、まず仕事モードになるための準備ができているかをチェックしてみましょう。ポイントは「身だしなみ」です。
「仕事モードになるためには、ふだん会社に行っているときのようにきちんとした服装に着替えて、化粧をしてみましょう。男性はスーツが戦闘服といいますが、女性の場合は化粧がスイッチです。しっかり化粧して、外に出るための服装に着替えると、その恰好でベッドに横になりたいとは思いません。自然と気持ちが切り替わって仕事モードに入りやすくなります」(井垣先生)
オンとオフのメリハリをつけるには休息のとり方もポイントです。
●タイマーで時間を設定する
どうしてものんびりしたいときは、スマホでタイマーをかけて5分間だけ休憩しましょう。タイマーで時間を決めて休憩することで、メリハリをつけられます。
●ティータイムは時間を決めて、こまめに
ほっとひと息つくのに最適なのがティータイム。特に井垣先生がオススメするのが紅茶です。
「紅茶は香りによるリラックス効果が高いですし、種類も豊富。ちゃんと茶葉から淹れて、お気に入りのステキなカップで飲むようにするといいですね。お店気分が味わえて心の豊かさが芽生えます。また水分補給も重要なので、3時のおやつタイムに限らず、疲れを感じたらちょっとティータイムをとる。お茶を飲んでひと息入れると、その後の集中力が増します。仕事に熱中しているときも、こうして休息を挟むことで仕事のリズムを整えやすくなります」
そのほか、5分で全身を動かせるラジオ体操や、窓を開けて外の空気をとり入れたり、外で深呼吸をしたりするのも効果的。簡単なので、思い立ったときに、いつでも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました