梅雨時期や夏場に肌のしっしんやかゆみがツラくなる人は必見! 足刺激でデトックスする方法

最新ダイエット情報

生まれつきの敏感体質と胃の繊細さがしっしんの原因に
今回のモニターは、イラストレーターや漫画家のお仕事をされている40代半ばのCさんです。子どもの頃から肌のしっしんにお悩みで、手足や口まわりなどはかゆみがあるそうです。また、季節の変わり目や気温が高くなる夏に、その症状が強くなるといいます。
Cさん:「最近は疲れやすく体のスタミナが落ちたと感じています。かなりの冷え体質なので、冬場はツラいです。いまは手と足の肌がすごく荒れてしまっています」
それでは、きよみ先生の足相チェックからはじめましょう!
きよみ先生:「肌のしっしんは子どものときからの症状ですね。足裏にある副腎の反射区の色がよくないので、長年お薬も使われているのですね。
足の甲などに、かさぶたのようなものができていますが、こうした皮ふの反応は、外からの刺激を体に入れないように、体がバリアを張ってくれた結果です。少しの刺激でも肌の防御反応が働きやすい、生まれ持った敏感体質のあらわれなのですよ。そういう人は、靴や下着のひもなどが、肌にくり返しふれるだけでも体が反応してしまいます」
Cさん:「足からそんなことまでわかるのですね! しっしんは子どものときからなので、物心ついたときからずっと薬も使っています。」
●副腎の反射区
●足裏の反射区
きよみ先生:「親指の母指球の部分にある食道の反射区の色があまりよくありません。また、胃の反射区にシワがあり、胃が敏感なことがわかります。外食した次の日には、胃の反射区がはれやすいですよね。これだけ敏感な胃である、ということは、小さいときから食事に気を遣って生活をされてきていますよね?」
●食道と胃の反射区の部分
Cさん:「母が家庭科の先生をしていたこともあり、食事には気をつけてくれていました。子どものときから、食べたものがよくないと、じかに肌のしっしんとして出てしまうことがよくあ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました