運動したら足がつった! そんなときの対処法と予防策とは?

最新ダイエット情報
どうして足はつるの? その原因とは
漢方薬を中心に一般用・医療用医薬品を販売しているクラシエが行った調査*によると、約6割の人が運動による「足のつり」を経験していると回答。年代別では40代(77.5%)が最も多くなっています。
足のつりは、「発汗による、筋肉を動かすのに必要なミネラルのバランスの乱れ」と「冷えによる血流の悪化・筋肉の緊張状態」によって起こります。運動時はもちろん、運動した日の就寝時も起こりやすい傾向があり要注意です。
では、どうしたら足のつりを予防できるのでしょうか。その方法と足がつってしまったときのために常備しておきたい漢方薬もあわせて紹介します。
*調査概要
○調査対象:全国の20代~60代の男女200名(有効回答数)
○調査期間:2021年5月6日~11日
○調査方法:インターネットアンケート
「足のつり」を予防する5つの方法
1. 足湯
足裏にはたくさんのツボがあります。ツボは押すだけでなく、温めることでも刺激になるので、足湯でも体全体があたたまる効果があります。
2. ふくらはぎマッサージ
血行を促進し、冷えを予防する足のマッサージが効果的。就寝前に、ふくらはぎをやさしくほぐしてみましょう。
3. 足首ストレッチ
足首を向こう側へ倒してから手前に曲げる、という動きを数回ゆっくりとくり返します。
寝ながらできるので、就寝前に行うのがおすすめです。
4. 締めつけないレッグウォーマー
冷え対策で靴下をはく場合、締めつけの強いものだと逆に血行を悪化させてしまうことも。ふんわりと包み込んでくれるレッグウォーマーで、足首の冷えの予防をしましょう。
5. 就寝に常温のスポーツドリンクを飲む
睡眠中も発汗をするので、就寝前にスポーツドリンクなどで水分と栄養分を補給するのもいいでしょう。ただし、飲み過ぎは冷えやむくみ・足のつりにつながるので要注意。できるだけ、常温

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました