ウソみたいにこれなら簡単!美容家が教える、超キレイに描けるアイラインの引き方

最新ダイエット情報
初心者さんはペンシルタイプを
まずは、初心者の人でも簡単&キレイが叶えやすい道具選びが欠かせません。アイライナーを入れるためのツールには、主にペンシルアイライナーと、リキッドアイライナーがあります。どちらが初心者に使いやすいかというと、ペンシルアイライナー。
「ペンシル=固くて描きにくい」というのは、今や昔の話。クリーミーな質感のペンシルが続々と登場しているため、昔に比べると随分と描きやすくなっています。
また、ブラックはもちろん、ブラウンやピンクブラウン、オレンジにネイビーなど、抜け感を演出してくれる色みもそろっているため、技術がなくても雰囲気美人を作りやすいんです。
今回使用するのは「サナ ニューボーン クリーミーアイペンシル」。
とろけるような質感がとっても描きやすく、1.5mmという極細芯なので、黒目の上の追加の“追いライン”はもちろんのこと、目尻のハネラインまで自由自在に描けます。また、ペンシルの反対側にはチップがついているので、アイラインを引いたあと30秒以内になじませれば、簡単に手が込んだような“ぼかしライン”が作れます。
色は「EX 03カシスブラウン」を使います。
カシスブラウンという名前の通り、ワインレッドのような深みのある色みは、これから秋に向けておすすめのカラー。目もとに新鮮な抜け感を与え、いつものメイクを今っぽくアップデートしてくれます。
カラーアイライナーは、アイライナーに慣れていない人の場合、お店で手に取ることさえなかなかしないかもしれませんね。ですが、ブラックのようなはっきりした色よりも自然に目もとに溶け込む色もあるので、食わず嫌いはもったいないんです。
とくにこの色はとても使いやすいですから、ぜひ使ってみてくださいね。
簡単に描けるポイント!
<ポイント1>あごを上げて描く
あごを上げるようにすると、アイラインが引きやすくなるので、あごを上

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました