巣ごもり生活に潤いを! 気になるコーヒードリッパー&マシンを片っ端から試してみたら… #Omezaトーク

最新ダイエット情報
まずひとつ目が、アメリカのコーヒーメーカーブランド「CHEMEX(ケメックス)」。1941年に誕生し、MoMA(ニューヨーク近代美術館)やフィラデルフィア美術館、スミソニアン博物館で永久展示品にも認定されています(ケメックス公式HPより)。
この三角フラスコと漏斗(ろうと)を合体させたようなデザインのコーヒーメーカーを作ったのは、Perter Schlumbohm博士というドイツ生まれのアメリカの科学者で、博士が実験室でフラスコをコーヒーメーカー代わりに使っていたことから生まれたそうです。筆者も理系専攻で実験器具をよく使っていたので、めちゃめちゃ親近感がわきます!
置いておくだけでも絵になるのですが、これで入れるコーヒーがおいしくて、結局使ってしまっています。
「CHEMEX」は専用のペーパーを使用します。下記のようにペーパーを折って、セットします。
ペーパーの箱に折り方が描いてあるのでご安心を。
折ったペーパーをセット。
コーヒー粉を入れます。
お湯を注いで待ちます。
味の違いがわかるわけではないのですが、あえて言うなら…コーヒー豆の香りをそのまま感じられて、すっきり、さっぱりした口当たり、という感じでしょうか。酸味のあるものから苦味のあるものまで、そのままストレートかつシンプルに抽出されている気がします。ときどき、香りからイメージしていた味と微妙に違うことがあるのですが、CHEMEXで入れるとそのままで、期待を裏切らないところがいい!
次にご紹介するのは、辻和金網の「手編みコーヒードリッパー」。「ハッピーおうち時間グッズ大賞」で和田清香さんが、キッチン用品・調理家具部門「お料理スキルアップ賞」で紹介されていた「足付焼網/焼網受 セット」を購入したときに、一緒にこの銅製のドリッパーを購入しました。
とにかく、フォルムが美しい! 京都の職人さんがひとつひとつ丁寧に編んで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました