ときどき見かけるカエルのマーク。「レインフォレスト・アライアンス認証マーク」って、どんなもの? #Omezaトーク

最新ダイエット情報
レインフォレスト・アライアンスは、国際的な非営利団体で1987年に設立されました。地球環境の保全を図るために熱帯雨林を維持し、持続可能な人々の生活も確保するという目的で活動しています。カエルのマークで知られる「レインフォレスト・アライアンス認証」は、レインフォレスト・アライアンスが示す基準を満たした農家や農地、そうした環境からできた産物を使った商品が取得できます。この基準とは、環境保全(森林の維持、気候回復)や農園労働者の生活向上(適切な労働条件、学校教育の充実、化学物質の安全な保管など)へのとり組みが実践されているかどうかという、持続可能性を測るものです。
マチカフェ コーヒー(ローソン)
レインフォレスト・アライアンス認証マークのついた商品の中で、私にとって最も身近な存在は、ローソンの「マチカフェ」シリーズのコーヒーです。子どもが習いごとに行っている間の待ち時間に、私がよく飲んでいるブラックコーヒーのカップにはカエルのマークが。レインフォレスト・アライアンス認証農園のコーヒー豆を使用しているそうです(シングルオリジンシリーズ、カフェインレスシリーズは対象外)。
レインフォレスト グアテマラ(カフェランテ)
ローソンのコーヒーにカエルのマークがあるなら、いつも買っているコーヒー豆のメーカーにも認証を受けたものがあるんじゃない?と思って探すと、やはりありました。コーヒー豆や輸入食品の専門店「カフェランテ」(イオンリテール)のコーヒー豆です。少し前まで違う種類のコーヒー豆を買っていましたが、最近は味が気に入ったこともあり、写真にある「レインフォレスト グアテマラ」を購入しています。
田辺農園 バナナ
バナナもコーヒーと並び、熱帯雨林やプランテーションとつながりの深い作物ではないでしょうか。「田辺農園」は1991年に、南米エクアドルの標高300mの高地に田邊氏が拓いたバナ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました