「月曜断食」に成功したむっちんさんが3か月で-15kgのダイエットを続けられたモチベーションとは? リバウンドしない秘訣も伝授

最新ダイエット情報
料理の仕事を“言い訳”から、“武器”に。料理家だからこその良食を考案
月曜断食は「つらくなかった」と言うむっちんさん。不食と良食をくり返し、順調に体重を落としていったそうです。しかし、料理家の仕事は、常に食べものと隣り合わせ。日々、料理や試食をくり返さなければなりませんが、食べる量や内容を制限することは、仕事に影響したり、無理はなかったのでしょうか。
「これについては、よく聞かれます。結論から言えば、両者が互いのじゃまになってしまうことはなく、むしろ相乗効果でした。月曜断食は仕事にもいい影響を与えてくれましたし、料理の仕事やノウハウがあったからこそ、続けやすくもなりました」そう話す、むっちんさん。具体的には、どんなメリットがあったのでしょうか。
「月曜断食をすれば、当然、食事の量や回数は限られますよね。限られているからこそ、『なんでもいいや』ではなく、おいしいものを口にしたいんです。でも、内容も制限しなくてはなりませんから、そうなると制限された中で、いかに『満足できるもの』を食べられるかが大事になります。ここは、料理家の頑張りどころだと思いました。その結果、野菜メインでも貧相に見えないようにしようとか、飽きないように味つけを工夫しようなど、『おいしい』と『ヘルシー』を両立できるレシピを試行錯誤。そのおかげで、料理の幅やアイデアが広がり、仕事にもとてもいい循環が生まれました。もちろん、自分自身の良食日の食事も充実しました」
以前は、「仕事だから仕方ない」「勉強のためだから仕方ない」と、料理家であることを理由にして、必要以上に日常的にたくさん食べていたというむっちんさん。それによって、太ってしまったわけですが、そんな過去の自分に対抗するかのように、今度は「料理家」であることを武器にやせようと決意したそうです。
「料理の仕事を理由というか、“言い訳”にして太っていった自分を、今

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました