朝の過ごし方しだいで1日がご機嫌になる。朝の1時間は、夜の1時間の4倍の価値!

最新ダイエット情報
朝はチャンスに満ちている!
新型コロナウイルスの流行は、多くの人の生活様式を変えました。テレワークやオンライン授業になった人もいるでしょう。そんな生活にストレスを感じている人もいるかもしれません。
ここで、太陽の1日のリズムと人間の生活リズムの関係を見てみましょう。
●太陽の1日のリズムと人間の生活リズム
太陽の光を浴びるとセロトニンが増え、夜はメラトニンが分泌される。基本的に、日光を浴びてから14~15時間後に眠くなるように体は働く
セロトニンは「幸せホルモン」といわれたりすることもある、幸福感ややる気に関係するホルモンです。一方、日光を浴びてから14~15時間後には、自然な眠りを誘うメラトニンの分泌が増えるので、眠くなるように体が働きます。
こうしたセロトニンとメラトニンの分泌の関係からいえるのは、目覚めてから2~3時間は私たちの集中力が高まり、もっともクリエイティブな作業に向いている、「朝のゴールデンタイム」だということ。朝の1時間は夜の1時間の4倍の価値があるといえます。
この時間帯を充実させると、1日の始まりが楽しくなり、自己肯定感が上がります。しかも、その効用は1日中続きます。人生は「1日」というルーティンのくり返し。1日の始まりがご機嫌なものになると、その日を自己肯定感、高く過ごすことができ、1週間、1か月、1年という、ルーティンのくり返しの質を劇的に上げることができるのです。
ちなみに私が起床からの1時間半で大事にしているのは「自動化」。「何をしよう」「どうしよう」と迷わないようにすると、その分、脳内ではぐるぐるとさまざまなイメージが広がり、いいアイデアが浮かびます。「起きたらやること」を決めてルーティン化し、朝をご機嫌に過ごせれば、人生の幸福度が上がるのです。
それでは、自己肯定感を高めてくれる朝の習慣のアイデアの一部をご紹介します。自分の暮らしに合ったも

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました