こんな足相が出ていたら風邪をひく寸前かも! 足裏をチェックして不調を事前に察知する方法

ライフスタイル
足相チェックと足刺激は自分でできる病気予防法
足は私たちの重い体を毎日支えてくれています。1歩踏み出すごとに、足には体重の2割増しの重さがかかるのだそう。ですから、人それぞれの歩き方や骨格のゆがみ、生活習慣が足に表れてくるのです。
誰でも自分の足裏を見れば、今の心と体の状態を知ることができます。特に、足裏にある内臓と関係の深いゾーンには、目に見えない内臓の不調も足相として表れます。つまり、足裏の変化を見れば、不調の予兆を知ることができて、病気の予防につなげることができるのです。
疲れやすい人や、季節の変わり目に体調をくずしやすい人は、1日に1度、自分の足相をチェックして、気になるゾーンがあれば、いたわるようにふれてあげましょう!
●足裏ゾーンマップ
こんなサインがあったら要注意! 今の免疫力を確認できる足相チェック法
疲れやストレスがたまっているときは免疫力が低下しやすくなります。そんな状態を反映して、足にも変化が表れているはず。早めに察知して、疲れにくく不調になりにくい体を手に入れましょう!
こんな足裏をしていたら、免疫力が下がっているサインです。
✓足裏を触ると弾力がない
✓足の幅が細い
✓足の厚みが薄い
✓足が小さくなった
実際に免疫力が落ちている人の足を観察してみましょう。
疲れがたまって免疫力が落ちているサインは、中指の延長線上にある「腹腔神経叢」のゾーンがほかに比べて白くなっていることからわかります。
また、土踏まず周辺にある「小腸」や「大腸」のゾーンが白く、しわがたくさんあります。腸の働きは免疫力を左右するので、弱った腸の働きを足刺激で高めてあげましょう!
いつも元気に過ごしたい人に! 疲労回復・免疫力アッププログラム
免疫力が落ちていると体の中によぶんな水分や老廃物がたまりやすくなるので、足裏から排泄を促す内臓を活性化させましょう。また、腹腔神経叢のゾ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました