96歳の女性皮膚科医、皮膚の異変は体調変化のサイン 男性にも「日焼け止め」を推奨

前田ヒフ科・泌尿器科院長の前田慶子氏
 精神科医の和田秀樹氏が書いた『80歳の壁』がベストセラーになっているが、健康寿命を延ばすためには何を心がければ良いか──それを知る“生き証人”が80歳を越えた今も現役で活躍する医師たちだ。今も現役で働く前田ヒフ科・泌尿器科院長の前田慶子(96)氏に、健康にとって大切なことを聞いた。
 * * *
 いま、96歳。戦争を知っている世代で、大阪で病院を開業したの
Source: グノシー(ビューティー)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました