37歳・MR・年収800万円。没頭できる趣味もあり、人間関係も良好…だけど、コロナ禍で精神的にまいってしまって…。~私、ひとりでいてもイイですか?(38)~

ライフスタイル
健康、家族、仕事…。「完璧に幸福だ」と言える人はどれぐらい?
体調と気分は万全かつ前向きで、家族や友人との関係も良好で親密、仕事はやりがいがあって収入もよくて先の見通しも明るく、趣味にも大いに打ち込んでいて仲間にかこまれている――。こんな状態を「幸福」と定義するとしたら、日本人の5%ぐらいしか幸せになっていない気がする。
九州地方で医療関係の営業担当者をしている中川明音さん(仮名、37歳)は、上記の要素のうちで健康、収入、趣味、仲間には恵まれている。平日は朝5時起きで10キロ走り、お風呂に入ってから在宅勤務の始業時間を迎える。提出書類の作成や電話がない限りは猫2匹がいる自宅でボンヤリできる。年収は約800万円。奨学金の返済をしたため貯金は多くないが、トレイルランの趣味に没頭できるほどの余裕があり、一緒に練習したり大会で応援し合えたりする仲間もいる。
それでも中川さんは幸せとは自ら言いきれないようだ。コロナ禍以降は仕事にやりがいを見出せず、家族との関係には難しさを感じていて、恋人ができても長続きしない。「独身女のどうでもいい話ですけど」と自嘲する中川さんのリアルな声を聞いてみたい。
***中川明音さん(仮名、37歳)の話***
医療系企業の営業。「訪問禁止」の中でやれる仕事を探さなければなりません
九州は出身地ではありません。大学卒業後は地元の会社に入りましたが、パワハラにあって半年で辞めました。1年間フリーターをやって入り直したのは大手の英会話スクールです。そこもすぐに社員が辞めてしまうので異動が多くて、在籍していた3年弱で4回も異動を経験しました。年収は270万円ほど。あのままだったら奨学金も返せずに行き詰まっていたかもしれません。
10年前の今の会社に転職できたのはラッキーだったと思います。5年前に現在の拠点に異動になりました。学生時代からひとり暮らしをしていて、今の自

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました