「プチ断食」と「いつものカロリー制限」…ダイエットに効果的なのは? 海外研究でわかった意外な落とし穴

最新ダイエット情報
断食は効果的?
プチ断食は、「インターミッテントファスティング」と呼ばれ、特定の曜日に食事を制限したり、食事の時間を昼間だけに制限したりして、食事量を減らそうというダイエット法です。取り組みやすいので徐々に一般的になっています。では食事ごとの摂取カロリーを制限するダイエット法と比べると、どれほど有効なのでしょうか。
今回、英国をはじめとする国際的な研究グループは、プチ断食を行った場合と、食事ごとの摂取カロリーを制限する方法とで、体重を減らす効果に差があるのかを検討しています。対象としたのは、BMI 20〜25の健康な36人。3グループに分け、カロリー制限をして1日置きに断食する、カロリー制限をして断食しない、カロリー制限をしないで1日置きに断食する、という3パターンの食生活を3週間続けてもらいました。
カロリーでいうと、1つ目のグループはふだんの食事でとっているエネルギーの150%を1日置き、2グループ目は同じく75%を毎日、3グループ目は同じく200%を1日置きにとる形です。参加者のふだんの食事は平均およそ2000〜2500kcalで、制限食をした場合には平均1500〜2000kcalとしています。
脂肪が減らず、筋肉が減少
明らかになったのは、同じようにカロリー制限をした場合に、断食をしたグループはむしろ体重と脂肪の減り方が少ないということでした。毎日カロリー制限をしたグループは体重が1.9 kg減って、ほとんど脂肪(1.75 kg)が減っていたのに対して、カロリー制限をして断食したグループの体重減少は1.6 kgで、脂肪は0.74 kgの減少にとどまりました。残りは筋肉の減少となります。このほかカロリー制限をしないで断食したグループは、体重も脂肪もほとんど減りませんでした。
食後の血糖値などは違いがなく、断食自体によって体重や脂肪が減るわけではなさそうだと研究グル

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました