閉経前の生理不順にも足刺激がおすすめ! ホルモンバランスの乱れを整える足刺激テクニック

最新ダイエット情報

ホルモンバランスの乱れは、かかとの角質でチェック
今回のモニターは、専業主婦をしている40代後半のMさんです。今の体調を100点満点で表すとどのくらいかをお聞きすると、30点との回答でした。かなり不調を感じているようですね。
Mさん:「去年の夏から倦怠感が激しく、更年期障害を疑って婦人科を受診しました。生理がきちんときていないことが心配で気になります。また、やる気も起きないので、長年通っていたジムをやめたところ、数か月で5kgくらい太ってしまいました」
さっそく、きよみ先生に足相を見てもらいましょう!
きよみ先生:「足のかかとに角質がついていることから、ひと目でホルモンバランスが乱れていることがわかります。子宮と卵巣の働きが悪いようですね」
●左足のかかとについた角質
かかとは生殖器のゾーンに当たるので、ここに角質がついている人は、ホルモンバランスの乱れが起きているそうです。
Mさん:「まだ閉経はしていませんが、排卵ができていないようで、3か月生理が来なかったり、不正出血があったりと調子が悪いです」
Mさんは婦人科を受診しましたが、子宮の状態やホルモンバランスに異常はないとの診断を受けているそうです。ところが、不調が続いているので、何か原因があるのでは?と不安に思っているといいます。
Mさん:「ホットフラッシュなどの更年期症状が出ているので、自律神経を整える薬や漢方薬を飲んでいます」
きよみ先生:「去年の夏に急に生理の調子がおかしくなったそうですが、この時期にストレスを感じるできごとなどがありましたか?」
Mさん:「去年の夏は、子どもの進学について悩みがあり、ストレスが強くかかっていたかな、と思います」
精神的なストレスが、ホルモンバランスの乱れの原因になることもあるそうです。不調の原因がはっきりしない人は、過去に受けたストレスが引き金になっているかもしれません。
M

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました