ゆるやかな時の流れに身を委ねて。田舎暮らしを体験できる古民家ステイ

最新ダイエット情報

沢のせせらぎに癒される“澤之家”
古民家宿るうふは、山梨県に7か所と千葉県に2か所の宿を構え、どれも異なるコンセプトを持ちます。
今回私が訪れたのは、山梨県笛吹市の澤之家(さわのいえ)。1904年、明治37年に建てられた、およそ築100年のるうふ1軒目の宿です。
竹箒の垣根と味わいのある暖簾が、古さを感じながらも見たことのない新しい景観を創り上げています。
暖簾をくぐると、歴史を感じる蔵と宿に通じる飛石が。近くには沢があり、その水のせせらぎが宿まで聴こえます。沢のBGMを聴きながら歩みを進めうちに、あっという間にその世界観に惹き込まれていきました。
炭の香りでお出迎え。囲炉裏で和む兜造りの宿
宿に入ると、伝統的な造形が美しい兜造りの屋根を眺めて、一呼吸。するとフワッと炭の香りを感じました。奥には囲炉裏があります。ここならではの暮らしの香りがするといった印象です。なんだか明治時代にタイムスリップしたかのよう。
澤之家では、完全非対面でもチェックイン、チェックアウトが可能です。入るとタブレットがあり、チェックイン後も、スタッフの方がテレビ電話で施設情報や食事について説明をしてくれます。食材もすべて冷蔵庫に用意されています。
今回、私は接客ありでお願いしましたが、誰とも会わずに過ごしたいという方には非対面はとても便利ですよね。接客ありを希望してもチェックインと食事の時以外はいないので、プライベート感が充分にあります。
こちらは、屋根裏へ上がる階段。
上がるとベッドが4つありました。手前の柵から下を覗くと1階が見え、吹き抜けになっています。
ベッドでゴロゴロしていると頭上に見える窓の向こうの緑にも、ほっとした気持ちに。
屋根裏にはもう一か所スペースがありました。ここで読書や書き物をしたら集中できそう。
この宿での私の一番のお気に入りとなった場所はここでした。緑

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました