【無印良品】ネイルケアオイル徹底レビュー!「甘皮ケアオイル」との違いやおすすめの使い方も解説◎

最新ダイエット情報
無印良品の『ネイルケアオイル』が気になる
無印良品の『ネイルケアオイル』を知っていますか?
簡単に爪のケアができるとInstagramを中心にバズり、一時は店頭でも品切れが続出した大人気商品なんです。
アルコール消毒や手洗いのシーンも多く、乾燥しがちな時代の手指ケアに重宝するという声が多数♡
また高コスパで使いやすい、ジェルネイル派なので手放せないといった口コミも。
そこで今回は、「話題のアイテムを気になってはいるけれど、実際に買うべきか悩んでいる」という方の為に、『ネイルケアオイル』を大特集します!
商品情報、使い方、レビューまで、参考になる情報をまるっとお届けしちゃいます♡
さらに意外と知らない爪のお手入れ方法や、『甘皮ケアオイル』との違いなども解説します。
ぜひ、お買い物に役立ててくださいね!
そもそも「ネイルオイル」って何?
「ネイルオイル」とは、爪とその周りの皮膚を乾燥から守るために塗布するものです。
爪やその周りの皮膚にうるおいを与えて、手先のトラブルを防ぎ、健やかに整える働きがあります。
爪が乾燥すると、縦ジワが入る、二枚爪になる、皮膚がささくれるなど、様々なトラブルを引き起こす原因に。
また、ネイルが上手く塗れない、剥がれやすい、爪がすぐ欠けるなどの悩みがある方は、「ネイルオイル」を塗ることで解消されるかもしれません。
ところで「ハンドクリーム」は「ネイルオイル」の代わりにならないのか気になりますよね。
結論から言うと、「ハンドクリーム」は「ネイルオイル」の代わりにはなりません。
どちらも乾燥から守ってくれる保湿剤ですが、成分や浸透性に違いがあるからです。
「ネイルオイル」には爪のための保湿成分・栄養分が多く入っており、爪や爪周りの皮膚に使うことで効果を発揮します。またオイルは角質に浸透しやすいという特徴も。
対して「ハンドクリーム」は、手肌を乾燥から

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました