デスクワークで浅くなった「呼吸」を深める! あぐらの姿勢で行う簡単&気持ちいいストレッチ4つ

最新ダイエット情報
マスク生活&デスクワークで浅くなった「呼吸」を深めよう!
起きているときはもちろん、寝ているときでさえも、無意識のうちにくり返されている“呼吸”。
呼吸の役割は、息を吸うことで空気を肺に送りこみ、吐くことで血液中から出された二酸化炭素を体の外に出すこと。このくり返しによって、私たちは生命を保っているのです。
では、その回数は?
なんと、1日で約29,000回(体重50kgの人の場合)! ちなみに、1分間で計算してみると、12~20回ほどの呼吸をしているということになります。
※運動時や安静時の長さによっても、回数は変わってきます。
ところが、ここ数年。
マスクを着用することで、鼻・口が覆われて、息を吸いにくく、吐きにくくなっていると感じたことはありませんか? また、デスクワークが増えた人は、背中が丸まって、のど・胸・お腹が圧迫されて、呼吸が浅くなってしまっているかもしれません。ストレスがたまっていたり、緊張状態が続いていたりするときも、呼吸は浅くなっています。ときには、知らぬ間に息をグッと止めてしまっていることもあるでしょう。
呼吸が浅いと、体内にとり込む酸素の量が少なくなり、さまざまな生理機能へ影響を及ぼすほか、集中力が低下したり、イライラしやすくなったりもします。ですので、「気づいたときに」「ムリのない範囲で」深い呼吸をとり入れて、体と心のバランスを整えてあげることが大事になってくるのです。
それと、もうひとつポイントになるのが、横隔膜やろっ間筋といった“呼吸筋”をはじめ、背中、胸のまわりの呼吸に関わる筋肉。これらの筋肉がこり固まっていると、呼吸を深めるのが難しくなると言われています。
そこで今回は、呼吸と関係する筋肉をほぐすストレッチを4つご紹介していきたいと思います。
あぐらの姿勢で簡単! 呼吸をスーッと深めるストレッチ4つ
今回のストレッチは、すべてあぐらの姿勢

リンク元

タイトルとURLをコピーしました