ビスケット風がいい? スナック風がいい? 味の違いに「おから」の可能性を感じた2品 #Omezaトーク

最新ダイエット情報
正直、おからは「卯の花」を常備菜にしておくくらい好きなので、あえておやつに食べなくても…と思わなくもないけれど、だからこそ、と言うべきか、お菓子のパッケージに「おから」の文字を見つけると、どうも試してみたくなってしまいます。
以前、オンライン座談会で「みんなのたんぱくフード」をうかがったときに出てきた「きらず揚げ」(おとうふ工房いしかわ)も、もちろん愛用しています!
今回見つけた「おからえびせん」(岡田屋製菓)は、「へえ~、おからで作ったえびせんなんだー。もう、名前を見ただけでダブルたんぱく」と思いながら手にとったのですが、味はまさに「えび満月」で、おから感ゼロ。
いえ、おからのお菓子って、“おからおから”していないことが特徴みたいなところがあり、だからおから感ゼロはおからえびせんに限ったことではないのですが、あえて通常のお菓子と比べるならば、小麦粉を使った一般的な「えび満月」よりは塩からさがとんがっておらず(塩分量の違いかもしれないけれど)、馬鈴薯、えび、おから、あおさの素材の甘みなのか、全体的にやさしい味わい。だからと言ってお砂糖をしっかり使った甘いお菓子というわけではないので、「スナックのような軽い食感が好きだけれど、ジャンキーなしょっぱさや油っぽさは求めていない」「わりと薄味が好きだけど、素材の味は味わいたい」という人にはぴったりだと思います。
もうひとつ、思わずパッケージ買いしてしまったのが、「おからだ だいずに」(中野製菓)。
冗談みたいな名前のこの商品は、「きらず揚げ」と同様、小麦粉とおからで生地を作っているお菓子です。小ぶりですが少し厚めの油菓子で、かめばかむほど味わい深く、かんだときの音が大きいのがポイント。粒として感じられる塩味と黒ごまの風味がどことなく懐かしさを感じさせます。「これ、どっかで食べたことがある気がするんだけど、なんだっけ」と言いなが

リンク元

タイトルとURLをコピーしました