夏こそ腸が喜ぶ食事! みそと酒粕、キムチの3種の発酵食品を使ったおみそ汁

最新ダイエット情報
腸が喜ぶ食事を意識しよう!トリプル発酵食品のおみそ汁レシピ
こんにちは!
発酵食品ソムリエ・スーパーフードエキスパートの高木沙織です。
8月5日は、“発酵(8→はっ、5→こう)の日”。
これは、みそや甘酒などを販売するマルコメ株式会社が制定したもので、日本が世界に誇れる食文化であり、先人の知恵が詰まった発酵食品を、より多くの人たちに知ってもらいたいという思いが込められているのだそう。
また、今のような暑い時期は、冷房の使用や冷たい飲食物の摂取によって体が冷えて、腸をはじめとする内臓機能が低下しがち。ここにきて、発酵の日ですから、腸が喜ぶ食事を意識するためのよい気づきにもなってくれるのではないでしょうか。
そこで今回ご紹介するのは、みそと酒粕、キムチの3種の発酵食品を使ったおみそ汁。
「おみそ汁にキムチ?」と、組み合わせを疑われるかもしれませんが、これが、とても合うのです。
それでは早速、みそと酒粕、キムチを使ったトリプル発酵食品のおみそ汁を作っていきましょう。
<材料 2人分>
・水 400cc
・酒粕 40g
・みそ(だし入り) 大さじ1 1/2
・豚肉 50g
・キムチ 50g
※煮込む分30~40gと、完成後に追いキムチをする分でわけておきます。
(下準備)
豚肉は事前にフライパンで炒めておく。自宅に塩麹がある人は、30分~1時間ほどつけ込んでから焼いてみてください。
<作り方>
1.分量の水を鍋に入れます。それを火にかけ、温まってきたら、おたまで少量をすくい、酒粕にかけて固まりがなくなるまでよく混ぜます。
ここでは、板状になった“板粕”を手で小さくちぎったものを使用していますが、ブロック状になったバラ粕を使う場合も同様に、お湯を加えてやわらかくしておくと、ダマやかたまりがなくなめらかな口当たりに仕上がります。
2.(1)を鍋に戻し、ふたたび火にかけたら、みそ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました