夏の困った悩みを解決! 汗シミが目立つワースト色「ベージュ」「グレー」とのつき合い方

最新ダイエット情報
ベージュやグレー、汗シミを気にせず着るために
ベージュやグレー、汗シミが目立つ色の服とはわかっているけど、それでも着たい、オシャレをあきらめたくないというのが女心。
避けるのがもちろんベストではありますが、どうしても着たいというときには、トップスならノースリーブ、ボトムスなら裏地つきをおすすめします。
トップスの場合、ノースリーブなら、いちばん汗シミが目立ちやすいワキに布がありませんので、ワキ汗による汗シミ問題はクリアできます。
これに+αとして、トップスの背中の汗問題を解消するなら、リネン素材のストールをゆるめに巻いて、背中部分をカバーしたり、薄手のジレを重ねるという方法もあります。
ボトムスの場合、裏地がついていることで、ストレートに脚の汗がつくことを避けられますので、汗シミが目立ちにくくなります。裏地がない服は、別売のペチコートをはくとよいですよ。
汗シミが目立ちにくいベージュやグレーを選ぼう
汗シミが目立ちにくいベージュやグレーはあるのか、というとあります。それは、柄モノです。
どちらの色も柄モノの服なら、目の錯覚のおかげで視線が散らされ、柄による色の濃淡によって、汗シミがわかりにくくなるのです。できるだけ規則的な柄よりも、不規則な柄がおすすめです。例えるなら、単純なボーダー柄よりも大小入り混じった花柄です。
とくに、濃いめのベージュやグレーがベースのものがおすすめです。
また無地の場合、杢ベージュ、杢グレーといった、ベージュの濃淡、グレーの濃淡が織り交ざった霜降り状態の色がおすすめです。同じ濃さ一色の無地のベージュやグレーのものより、汗シミが目立ちにくいんですよ。
汗シミが目立ちにくい素材を選ぼう
汗シミが目立つ素材を避け、汗シミが目立ちにくい素材を意識して選ぶこともおすすめです。
汗シミがなんといっても目立つ素材は、ずばりコットンです! 天然素材は、基本的に吸水

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました