約5割の女性が24時以降に就寝している!? 睡眠の質をUPさせる寝具選びのコツをご紹介!

最新ダイエット情報
朝起きたときの疲れを感じる人が多数!
睡眠はただ単に体を休めるだけでなく、記憶を定着させたり成長ホルモンを分泌したりと、心身共にとても大切な役割を果たしています。日本人は、世界でも睡眠時間が少ないことが知られていますが、今回FYTTE公式Instagramのアカウント内、ストーリーズで睡眠に関する調査を行ったところ、多くの人がさまざまな悩みを抱えていることが明らかになりました。
まず、毎日何時ごろに寝ていますか?という質問をしたところ、「~21時台」(35票、n=632)、「22時台」(110票)、「23時台」(196票)、「24時以降」(291票)という結果に。21時台に就寝している人が全体の5%なのに対し、24時以降が約50%と、全体の約半数の人がかなり遅い時間まで起きていることがわかります。
ここ数年、コロナ禍によりテレワークになったという人も多いはず。時間や場所にとらわれず比較的自分の生活スタイルに合わせて仕事ができるようになった一方で、定時や退勤時間に縛りがなくなったことで、「ずるずると夜遅くまで仕事を続けてしまう」「仕事とプライベートの切り替えがうまくできない」といったことが、就寝時間にも影響しているのではないでしょうか?
続いては、睡眠のお悩みについて。4択の中から睡眠の悩みとしていちばん当てはまるものを選んでもらったところ、いちばん回答が多かったのは「朝の目覚めが悪い、寝ても疲れがとれない」(69票、n=193)でした。
2番目に多かったのは「ぐっすり眠れない、夜中に何度も目が覚める」(47票)、ほとんど同票で「日中に眠くなってしまう」、そして「寝つきが悪い」(31票)となりました。
寝ている最中に目が覚めてしまったりすることで、朝の目覚めがスッキリしなかったり疲れがとれず、日中に眠気を感じてしまうといった悪循環が起きているのかもしれませんね。
では、い

リンク元

タイトルとURLをコピーしました