幸せになる方法を科学的に分析した結果は? 幸福学博士が教える、孤独でも幸せになる「3つの要素」

最新ダイエット情報
物質的な幸せは長続きしない
前回お伝えした、孤独とは正反対の“幸せな孤独”。1人でいても満足して生活し、孤立感を感じていない状態です。この幸せな孤独を目指すには、まず幸せについても理解を深めていく必要があります。
「幸福学で幸せというのは、一時的なうれしい、楽しいという感情とは異なり、もっと長続きする幸せのことを指します。所得、社会的地位、資産などまわりの人と比べることで満足を得られるものを地位財と言いますが、地位財で得られる幸せは思ったよりも長続きしないということがわかっています。反対に非地位財が長続きする幸せに当たるのですが、それらに分類されるのが、健康、自由、愛情、自主性など。まわりの人と比べなくても喜びを得られるものです」(前野さん)
英語でいうHappinessは、おいしいものを食べたり、ゲームで達成感を得たり、ほしいものを買ったりする一時的に幸せな状態のこと。対して、長続きする幸せは、Well-being となり、幸せな孤独もこれに入ります。自分の心が豊かになることが本当に幸せなので、1人でいても、誰かと一緒にいても幸せになれるものなのです。
幸せになる3つの要素とは?
それでは幸せな孤独を手に入れるためにはどうしたらいいのでしょう。
孤独に関して学会でも認められている論文を集め、その内容を分析したところ幸せな孤独を実現している人々に共通する傾向として3つの要素が浮かび上がってきました。それは次の3つです。
1.うけいれる(自己重要)
「孤独に悩んでいる人は、ありのままの自分受け入れることができていないところがあります。幸せな孤独を手に入れる最初のステップは、自分が不幸だと思っていることを並べてそれが“悪い心のクセ”だと気づき、苦しんできた自分を許してあげることです。マイナスからゼロ地点に戻る。それが『うけいれる』なのです」
自分の欠点を責めたり、ほかの人と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました